男性

脱臭や清掃はプロのお掃除屋さんに任せよう|特殊清掃のススメ

必要とされる存在

清掃道具を持つ人

常にどこかで必要とされる特殊清掃

特殊清掃とはその名の通り特殊な清掃を行う業務であり、別の呼び方をすれば事件現場清掃業です。事件や事故、そして自殺などの現場はもちろん事前に捜査などが行われますが、それが終ればきちんと清掃しなければいけません。しかし、単なる傷害事件などけが人程度の現場ならともかく、死亡事故や自殺、更には変死事件など起こった現場を清掃することは素人ではとても無理でしょう。最近、急激に日本で増えている孤独死など、死亡してから誰にも気づかれずしたいが放置され、発見されたときにはとんでもない状態になっていることもあるのです。そのような特殊なケースでの清掃業は、通常の清掃業とは比べものにならないほど精神的負担が大きくなります。

誰もがやりたがらないからこそ貴重な職業

そんな誰もが目を背けるような現場を掃除する特殊清掃は、特殊ではあるもののその性質上、必ずどこかで必要とされることになる必須の清掃業です。交通事故や自殺など日本各地で毎日のように起こっており、孤独死や独居死などもどんどん増えてきています。当然ですがそのような凄惨な現場の清掃をやりたがるものなどほとんどおらず、だからこそそれを行う特殊清掃は貴重な職業だと言えます。しかし、特殊だからこそ必要なスキルは通常の清掃業とは大きく異なり、臭気判定士や医療環境管理士、防除作業監督者などの資格を有していることが求められます。また清掃だけで無く、遺体に適切な処理を施し、脳幹や搬送、火葬に供養、さらにはお祓いまでするのがこの特殊清掃です。自宅などで特殊清掃が必要になった時には頼れる清掃員が対応してくれるので安心でしょう。また、賃貸物件などは新たな借り手を見つけるためにも特殊清掃が必要になります。