男性

脱臭や清掃はプロのお掃除屋さんに任せよう|特殊清掃のススメ

作業の内容とは

笑顔の婦人

ハウスクリーニングには、特殊清掃といわれる専門的な清掃があります。最近増加している孤独死や、事故、事件などで住人が亡くなってしまった部屋を片付けたり、掃除したりするのです。亡くなった人の身内の方が清掃することもありますが、専門業者が行わないと、建物の管理会社とトラブルになることもあります。素人の方が普段するような清掃とは、求められる作業がかなり異なります。まず、特殊な薬品などを使って、清掃しない限りは、汚れやニオイが取れない場合が多いのです。現場の状況にもよりますが、住人が死後数週間経ってから発見されたようなケースは、部屋中に強烈な腐敗臭がするといいます。迷わずに特殊清掃業者に依頼しましょう。汚れやニオイだけではなく、虫がわいていることもよくあります。経過によっては、うじ虫から、ハエに成長して、かなり悲惨な状況になっているのです。マンションやアパートは、原状回復が求められます。速やかに、特殊清掃業者に依頼して処理を任せましょう。時間が経っていればいるほど、作業が大変になることが多いので、すぐに依頼をすることが肝心です。また、特殊清掃にかかる時間も1日で終わるケースは少ないでしょう。消臭のためには、数日かかることもあります。特殊清掃業者のサイトには実際のケースに基づいた作業例が紹介されているサイトもあります。間取りに対しての作業時間や、作業人数、価格なども表記されているので、非常に参考になるでしょう。しかし、なるべくなら、特殊清掃を依頼するような状況を作らないようにすることも大切でしょう。身近に一人暮らしの高齢者がいれば、コンスタントに連絡をするなど、孤独死を防ぐことが大切です。